2013年11月23日

ボジョレー・ヌーボーって

11月の第三木曜日となる21日、
ボジョレー・ヌーボーが解禁されました。

これはネットからの受け売りです。
ボジョレーは、フランスのブルゴーニュ地方にある地区の名で、
ここで造られるワイン名にもなっているのだそうです。

誤解されがちなのは、この時期に解禁になるのは、
「ボジョレー」ではなくて、「ボジョレー・ヌーヴォー」。
ヌーヴォーがついていないボジョレーは普通に一年中あるのですね。

ボジョレーで造られたヌーヴォー(新酒)を、
毎年11月第3木曜日から飲んでいいよ、
ということなのです。

★DSC04822.JPG

それでもって、今年のお味‥‥。
わかりませ〜ん。

ジル・ド・ラモア ボジョレー ヌーボー レッドゴールド 2013
posted by ネコきんぐ at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理/グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

頑張る夏の手料理

うまく完成写真が撮れなかったためにお蔵入りにしていたメニューを、あえてご紹介!

あんかけかたやきソバDSC04120.JPG


@あんかけ堅焼きソバ

どこにでも売っているインスタント焼きソバの麺。軽くほぐして少量の油をひいたフライパンで焼く。

両面に焦げ目をつけたら皿に移す。フライパンを拭いて、肉、野菜、なんでも炒めて片栗粉+水を少量かける。

ポイントは添付の粉調味料を3分の2しか使わず、代わりに胡椒を多めに振る。

ホイコーローDSC04150.JPG

Aホイコーロー(回鍋肉)

味付けはレトルトのインスタントではなく、自家製のテンメンジャン(甜麺醤)を使う。その作り方はここ↓。
http://cookpad.com/recipe/1648790

あとは肉、野菜の順に炒めて、甜麺醤を混ぜただけ。


うなたま丼DSC04163.JPGうなたま丼DSC04164.JPG

Bうなたま丼

玉子丼やカツ丼をつくる要領で、うなぎを適当にカットして野菜、卵と合わせるだけ。

添えつけのタレが足りない場合は、ここ↓。

http://cookpad.com/recipe/718881

これで夏バテなんて関係なし!!

わずか1.1%!完全無投薬・最高峰のうなぎ 鹿児島産「五匠うなぎ」2尾セット(1尾120g〜140g) 冷凍

posted by ネコきんぐ at 12:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理/グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

またまたカレー‥‥飽きません

きょうは、ルーを4種ブレンドしてみようと考えた。

まず、
手羽元、たまねぎ、にんじんを炒め、300ccの水で10分、圧力鍋で煮る。

錘が落ちたら、セブンイレブンの「スパイシーカレー」、ゴールデンカレー「バリ辛」、
ディナーカレーとイオン系のマイバスケットの「スパイシーカレー」の各1片を溶かし、
じゃがいもを加えて、弱火で3分。

5DSC04087.JPGFボウ イオンDSC04181.JPGカリ4片4DSC04191.JPG

錘が落ちたら、
完成!
0805カリDSC04192.JPG

S&B ディナーカレーフレーク 1Kg / エスビー食品
posted by ネコきんぐ at 19:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理/グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

長いも オクラ、豆腐の手抜き料理

 長いもが食べたくて、手抜きの料理法を考えた。
長いもやオクラ、納豆のネバネバは体によいという。
わかってはいるが、あの糸を引くのが、
料理をする際に、とてもイヤなときがある。
それには、スライサーと皮むき器ピーラーが要る。

スライサピーラーDSC04115.JPG

@、材料は長いも、オクラ、もめん豆腐。納豆も入れたかったがあいにく在庫なし。
A、調味料は、濃縮3倍昆布だし。
B、長いもの皮むき後、ビニール袋(スーパーなどのカウンターにあるもの)に入れ、
ビール瓶かすりこぎ棒、中身入りのペットボトルのお尻で、好きに砕く。
C、オクラは熱湯をかけて水洗い後、スライサーで切る。豆腐は細かくさいの目に切る。
D、CをBの袋に入れ、濃縮だしを大さじ1入れて、全体を軽くもむ。豆腐がつぶれても気にしない。

完成!!
長芋オクラDSC04107.JPG

ご飯にかけても、
冷たいソーメン、ひやむぎ、蕎麦などにかけても
美味のはず。

それにしても、このスライサーってやつ、
使いこなすと、かなり、いける。
貝印 SELECT 100 調理器セット DH-3027 / 貝印
posted by ネコきんぐ at 14:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理/グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

10分ほどで、またまたカレー


またつくったゾ、カレー。まずは材料から説明。

キャベツ数枚をちぎって水にさらし、ミニトマトは湯むきしてスタンバイ。

2DSC04086.JPG

たまねぎ2個半を適当な大きさに切り、
ニンジンは細かく粒々に。これが好み。

3DSC04085.JPG

中華なべ(フライパンは持っていない)でたまねぎを中火でアメ色に炒め、
そこに手羽元3個を少し焦げ目がつくまで炒め、ニンジンを加える。
カレー粉を小さじ1、小麦粉大さじ1くらいを適当に入れてからめる。

4DSC04088.JPG

炒めた材料を圧力鍋に移す。キャベツとトマトをここで加える。
水を4カップくらい入れて強火で圧をかける。
錘が振れ始めたら中火で10分、その後、自然冷却。
錘が落ちたら、フタを開け、カレー2種を2個ずつ、
5人分くらいの量です。

6DSC04090.JPG
5DSC04087.JPG

入れたのは「バリ辛」と「スパイシー」。
それからターメリックとローリエの粉末と減塩醤油、
思いつきで味噌おでん用のたれ、納豆についてたからしまで‥‥。
まあ、思いつきネ。
カレールーで味はできあがっているので、これでいいのだが、
やっぱり、そこに何か「余計なもの」を入れたくなるのだ。B型としては。

7DSC04091.JPG8DSC04092.JPG9DSC04089.JPG

とろ火で5分くらい煮込んだら
完成!!

10DSC04095.JPG

圧力鍋を使うので、わずかに圧10分で、材料がやわらかくなる。
これはかなり重宝している。

パール金属 クイックエコ 3層底切り替え式圧力鍋5.5L H-5042 / パール金属
posted by ネコきんぐ at 14:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理/グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする